民 俗(仮称)


  文字で書かれ 映像になり 絵画・彫刻で表現されたものの外に 尚 かって この地域に炭鉱があったからこそ 人々の生活の中に 残されているものがあると思います。
 これが 適当な言葉と言えるかどうかは 識者のご指導を待ちますが これらのものを 何らかの形で 掘り出し 整理しておきたいと思います。 
 例えば 
   日常会話に取り込まれている炭坑用語があるのではないで  しょうか。
   閉山した炭鉱の山神社の祭典がその地域の方々によって  続けられているところがあると伺っています。
  「常磐炭鉱節」も 節は残っていますが 多くの歌詞はどなた  か収集して下さっているのでしょうか。
  「常磐炭鉱砿歌」「常磐炭鉱応援歌」なども一企業のものでは  ありましたが 保存しておきたい思いです。
 中には 将来 いや既に それが 炭鉱に由来するものとは 分らなくなっているものもあると思います。
 このような課題にとりくんでおられる方は おられないでしょうか。
 現在 存じ上げているものとしては 
 又、「ヤマはふるさと」(草野日出雄)は「他郷の炭田には庶民のくらしを語る民俗史があるのに、どうゆうものか常磐炭田にはそれが見当たらない・・・。」と考え、「むかし『たんやま』といわれた一帯を巡って探訪を続け」て編集したもので、和田文夫氏(日本民俗学会会員)の校閲を受けておられます。
 この分野についての研究者・出版物等についてご存知の方の ご支援を お願い致したく存じます。
   ご連絡はこちら
 

戻る

 

財団法人 東部石炭懇話会